医薬品・バイオ技術・提携・契約
Pharma Licensing Alliance Contract Japan
医薬ライセンス研究所

製薬・バイオ業界において,アライアンスは今や研究開発に匹敵する程重要な業務である。にも拘わらず,製薬企業もバイオベンチャーも大学や国公立研究所も,有望な医薬品・バイオ技術をアライアンスによって生かし切れてはいない。その原因の多くは,事業開発部門の専門知識と実務経験の不足にあると思われる。折角,有望な製品・技術の導入に成功しても,知らずに,本来あるべき必須条項が欠落した欠陥契約が締結され,販売承認取得の直前になって,導入側に只同然で取り戻されたり,目標製品規格の不備故に,未完成の「製品を販売しないのは契約違反だ」との主張に,多額の賠償金支払いに応じた笑えない製薬企業の例もある。

研究開発の重要性は正しく認識でき,多くの原資を投入し,自社の研究開発レベルに一喜一憂する経営者も,研究開発と並ぶ車の両輪の一つであるべき事業開発/ライセンス部門のレベルを正しく認識していることは少ない。研究者が発明した貴重な技術/製品がライセンス部門のレベル故に極めて劣悪な条件で導出され,経営者も気づかない。これは,日本企業事業開発部門だけの問題ではなく,外資製薬大手と雖も例外ではない。これらの例は日常,我々の周りに散在するも,専門家としての実務経験/知識が充分でなければ気づくことは少なく,法人としてノウハウの蓄積もなく,結局、気づかずに重大な過ちを繰り返すことになるのである。

医薬ライセンス研究所は,医薬品/バイオ技術に係わるあらゆる法人に対して,研究提携/ライセンス/アライアンスの戦略立案,効果的な交渉戦術,契約条文の作成,読み方,交渉の妥当な落とし処に至る迄,各顧客の希望に合わせた実践的支援とアドバイスを提供致します。
[軽井沢地区] オフサイト医薬ライセンス・セミナー開催中 [Canpaign Version]
◆ 在
日本企業が学ぶべき欧米先進企業の標準的契約の内容・論理的裏付けと発生リスク事例等を含む希望テーマ(提携の基本と実践等初心者/経験者を問わず有益)法人単位で日程及びテーマを調整し実施
〜キャンペーン中です。是非お試し下さい。〜
◆R&D支援センター医薬品・バイオ技術のライセンスイン・アウトの実践講座2016.8.24 亀戸カメリアプラザ
多くの皆さまのご参加を頂きました。有り難うございました。

Copyright(C)2005 有限会社 医薬ライセンス研究所 All Rihgts Reserved.